生活習慣病を予防するには。

生活習慣病を予防するには。 現代では運動不足や乱れた食生活による生活習慣病が問題となっています。全てが生活習慣によるものというわけではありませんが、普段の習慣が大きな割合をしめています。主な代表的な病気は、糖尿病や高血圧、肥満です。また意外なことに心臓病や脳卒中もこれに含まれます。

糖尿病とは、欧米型の食事や運動不足が原因となることが多く最初は症状が軽くても、食事制限や運動を取り入れないと次第に症状は重くなっていきます。また合併症を引き起こすことも多いのです。また脳卒中は最近では起こってしまっても助かる人は多いのですが、後遺症が問題となることがあります。心臓病も食生活やストレスの積み重ねが誘因となります。高血圧は塩辛いものを食べ過ぎるとなることが多く、家族も同じ食事をしている場合が多く気を付けなければいけません。肥満に関しては脂質や糖質のとりすぎ、または運動不足が関係しています。

では、生活習慣病を防ぐにはどうしたら良いでしょうか。それは正しい食生活と運動の持続です。毎日続けることは困難かもしれませんが、少しずつという気持ちで行うと良いでしょう。また自分だけでなく家族の健康にも気をくばる事が大切です。毎日の積み重ねが自分や家族を守るのです。